薬科大学で病院・薬局実習が行われるようになり、MRを希望する薬学生は少なくなりました。MRを希望する学生がいても就職実績や先輩からの情報が少ないことに加え、他の人より早い時期から就職活動を独自で行わなければならないこともMR志望者を減らす要因になっています。

今回、内資系製薬会社にMRとして新卒で入社し、2年後に調剤薬局へ転職した薬剤師さんにインタビューする機会を頂きました。なぜMRを辞めて、薬剤師の仕事を選んだのか、MRと薬剤師の仕事の違いに触れながら話して頂きました。MRを希望される方」「MRから薬剤師への転職を検討している方」は参考にして頂ければ幸いです。

【MRの1日のスケジュール】

製薬会社のMRは医薬情報担当者といわれ、「自社の医療用医薬品情報を、医師や薬剤師をはじめとする医療従事者に提供します。その後、実際に使用された医薬品の副作用情報を収集し、製薬会社にフィードバックすること」が主な業務です。

具体的には、医師や薬剤師の方に薬を宣伝し、適正な使い方をアドバイスすることで患者さんの治療に貢献する、といったものです。

そのような言い方をすると聞こえは良いですが、実際には営業としての側面が強く「いかにして薬を売るか」ということを考えながら、日々仕事に向き合うこととなります。

そのような姿勢で仕事に臨まざるを得ないため、患者さんとの距離は遠く、売上金額といった部分に意識が行きがちです。ただ、得意先での政策の打ち合わせや講演会の企画、内勤業務といった売り上げに直結しない仕事も多いため、仕事のバランス感覚を養うことがとても重要になります。

MRの1日は、7:30には医薬品卸に顔を出して得意先の医療機関に関する情報共有や企画の打ち合わせすることからはじまります。打ち合わせを終えて9:00に帰社してから内勤が始まり、10:30~13:00ごろには午前診療に合わせて得意先を回ります。

13:00~15:00になると薬局や医薬品卸を訪問し、16:00~19:00くらいの時間で午後診療に合わせた得意先訪問を行います。その後、帰社して再び内勤をするというスケジュールです。

日によってはかなり遅くなることもあり、違うエリアに出張することや、支店の会議で移動することも少なくはありません。

【MRを辞めようと思った理由】

MRは総合職で全国勤務がある仕事なので、僻地にある支社に配属された薬剤師さんは、なかなかプライベートを充実させることができなかったそうです。朝は7時から働き始めて、深夜近くまで仕事をすることもありましたが、みなし労働なので残業代はつかず、体力的にかなり疲弊していたと話してくださいました。

若いうちは多少の無理をしても大丈夫ですが、これからずっとこの仕事をすることができるだろうかと考えた結果、転職することを決意されました。

高齢化が進み65歳、もしかすると70歳くらいまでは働かなければならないなかで、「いずれは薬局で働きたい」という気持ちをもっていたことも転職を後押ししてくれたそうです。

しかし、転職しようにも僻地にいては、関東へ転職するのは難しいのはないかと心配されていました。そこで、全国どこでも面談にお伺いさせて頂くファーネットキャリアへ登録されたと話してくれました。

【薬局の1日のスケジュール】

この薬剤師さんは2年間のMR生活を終えて関東の薬局で再スタートされました。薬剤師になって一番変わったのが拘束時間の長さでした。

調剤薬局の薬剤師は、当然ですが調剤業務がメインとなります。処方せんの科目や薬局の形態によって異なりますが、処方箋の応需と調剤業務、服薬指導や在庫管理などを行います。

薬局薬剤師の1日のスケジュールは9:00に出社して器具の準備、医薬品の納品、前日の処方箋チェックを行い、10:00~13:00は午前診療の外来調剤を行います。14:00~16:00頃に予備製剤を準備したり在庫管理を行ったりします。16:00~19:00は午後診療の外来調剤に応対することになります。

患者さんの数や在宅の進み具合などで帰る時間が変わることはありますが、極端に遅くなるということなかったそうです。

【MRの方が良かった点】

薬局に転職して満足していらっしゃったのですが、「MRの方が良かった」と感じる点も多く、元MR薬剤師同士が顔を合わせれば、毎回のように話に上がって盛り上がるそうです。ここではMRの方が良かったと感じる点をまとめていきます。

・給与が高く、福利厚生が充実している

MRは一般的に高給といわれる職業です。基本給は新卒時で25万円程度ですが、それに約5万円の営業手当や各種手当が付きます。さらに非課税の日当が月5万円、家賃の8~9割を会社が負担してくれます。福利厚生も充実していて、賞与は年7~8ヶ月分が支給されるので、1回のボーナスが100万円を超えることも珍しくはありません。

2年目の年収が額面で500~600万円程度ですが、非課税の日当が50万円程度あり、家賃もほとんどかからないことを考えると、破格の給与といえるでしょう。

・仕事の成果が数字で見えてモチベーションに繋がった

また、仕事に対する意欲もMRは維持しやすかったようです。仕事に対する姿勢が数字に直結するため、それがモチベーションを高めることに繋がったと話してくれました。そのような環境を好む人は非常に楽しく、やりがいを感じられることでしょう。働く中で培ってきた対外的なマナーやコミュニケーション力は薬局に転職してからも非常に役に立っているそうです。

・仕事にメリハリがつけられる

MRに限らず、営業職全般の特徴として「メリハリをつけられる」という言葉を耳にします。営業の仕事は営業成績によって測られるため、極論すると成果さえだせば会社に顔を出さなくてもかまいません。

アポイント調整などスケジュール管理も自分で行えるため、アポの間の時間に車で昼寝をしたり、カフェで本を読んだりするというMRは決して珍しくありません。

実際にはそんな簡単に成果がだせるほど甘くはないので長い時間働かなければならないことが多いですが、効率よく仕事をすることでプライベートの時間を増やすことができます。

【薬局薬剤師の良かった点】

MRの良いところは上げればキリがありませんが、薬局薬剤師の方が勝っている点も多いです。ここでは薬局薬剤師の良かったところをまとめます。

・拘束時間が短い

MRはメリハリがつけられると書きましたが、実際にスケジュールのコントロールがうまくできるようになるには、少なくとも数年はガッツリ働いて経験を積む必要があります。

一方、薬局では週40時間をベースに働くことができ、給与が計算されます。仮に残業が発生しても残業代として支給されますし、どんなに遅くても日をまたいだり、家に帰れなかったりということはほとんどありません。

・転職しやすく、働き方の選択肢が広い

薬局勤務の人は多くの場合、転居を伴う転勤がないので、実家の付近で働きたいという方や、働きたい場所が決まっている薬剤師さんはそのエリアに限定した勤務が可能です。

一方、全国的に薬剤師は売り手市場なので、極端な話をすれば「今年は沖縄で働いて、来年からは北海道で働く」ということも可能です。結婚相手が転勤するという場合でも、転居先での仕事が見つけやすいです。

また正社員に限らず、パート勤務や派遣という働き方でも高給が望めるため、ライフスタイル合わせた働き方を選択することが可能です。

・ノルマがない

薬剤師にノルマを課している薬局はほとんどありません。後発品比率や、かかりつけ薬剤師指導料の割合、OTCの販売実績などを気にする薬局も稀にありますが、多くの場合はノルマに縛られずに仕事をすることができます。

ノルマがなく、やりがいを感じにくいと感じることもありますが、長く働いていくことを考えれば、数字に追われ続けるMRよりも精神衛生的に良いと感じたそうです。

【最後に】

薬剤師が選べる仕事の幅は非常に広いため、自分の特性を活かした職業選択ができます。道を間違えたと思っても、転職によって修正がききやすいことも特徴です。

今の仕事に対して疑問を感じている薬剤師さんがいらっしゃいましたら、弊社ファーネットキャリアまでお問い合わせをください。専属コーディネーターがしっかりと対応させて頂き、あなたの薬剤師人生をサポート致します。

ファーネットキャリアが最高の転職を実現させます

薬剤師の方々が私たちのような転職エージェント(転職サイト)を利用することによって、「多くの求人から、、希望条件に合う職場を見つけることができる」「職場見学や社風の調査を含め、ミスマッチを事前に防止できる」などを行うことができます。これを自分一人で行うことはできないため、転職エージェントが代わりに行うことは大きな意味があります。

弊社ファーネットキャリアでは薬剤師専門の転職支援を行っていますが、このサービスによって良い職場で働ける薬剤師さんを増やすことが当社の指名です。既にある求人を提示するのではなく、必ず面談を行うことでヒアリングし、その内容を元にしてゼロから求人を作成するなどによって、当社ではミスマッチを極限まで減らすことに成功しています。

転職を行うとき、少しでも不安がある方は弊社ファーネットキャリアのサービスを活用ください。どの職場でダメだった場合であっても、ファーネットキャリアであれば必ず良い転職を実現させます。

aaa
fa2