03e4b149d23dc6e2f5863067db5a77c4_s

薬剤師の男女比は「男:女=4:6」のようです。たしかに、薬局で働いている薬剤師さんは女性というイメージが強いです。薬剤師に限らず働く女性に付きまとうのが、結婚・出産・旦那さんの転勤といったやむを得ない理由でライフスタイルが変化するときに仕事をどうするかという問題です。

弊社ファーネットキャリアは薬剤師専門の転職エージェントなので、そういったお悩みを抱えた女性薬剤師さんから相談を頂くことが多いです。以前、石川県金沢市の調剤薬局で勤めている30代の女性薬剤師さんから相談を頂いたことがあります。

旦那さんが2年ごとに転勤をされるので、その都度、ハローワークで薬剤師職を探していたそうです。しかし職場ごとに仕事のやり方が異なるので、慣れるに時間がかかるのですが、慣れたころには転勤というサイクルの繰り返しでした。今回、すこしでも新しい職場でのストレスを軽減するために、統一されたマニュアルがある全国規模の薬局を探すお手伝いをさせて頂きました。

【総合病院でキャリアスタート】

この薬剤師さんは愛知県の薬科大学を卒業後、在学中の実習でお世話になった岐阜県岐阜市の大学病院で勤務を始められました。主に緩和ケアや抗がん剤についての研究を行いながら、病棟薬剤師業務を担当していたそうです。

2年ほど勤務をしたころに、よく病院に訪れていたMRの方と話す機会がありました。話をしていると同じ大学の薬学部を卒業していたことがわかり、すっかりと意気投合して交際に発展したそうです。そのまま順調に交際を続けていらっしゃったのですが、1年後に彼氏さんが長野県長野市へ転勤することになりました。

この薬剤師さんは転勤の話を聞いて「遠距離恋愛は難しいかもしれないなぁ……」と感じていたそうです。しかし、彼氏さんから「結婚してついてきてほしい」とプロポーズされたので、それを受け入れて長野県長野市で新婚生活を始めたそうです。

【長野県の薬局でパート勤務】

転居、結婚、同棲が同時にスタートしたこともあり、新しい生活に慣れるまで仕事はしなかったそうです。しかし、2か月が経過したころ、ハローワークで紹介を受けた近所の調剤薬局でパート勤務を始めました。

調剤薬局は未経験でしたが、妻として家庭を支えたいという気持ちが強かったことから、時間に融通の利く調剤薬局を選ばれたそうです。しかし、調剤薬局の仕事にも慣れて、長野市での生活も3年目に差し掛かろうとしたころに、旦那さんの転勤が決まったそうです。旦那さんの職場では2年ごとに転勤をするというルールがあったそうで、今度は石川県金沢市への転勤だったそうです。

【新しい職場での戸惑い】

2度目の転居ということもあり、有給休暇の消化期間のうちにハローワークで金沢市の仕事を紹介してもらい、近所の調剤薬局で勤務を始めました。新しい職場は石川県金沢市にある小さな内科クリニックの門前にある店舗で、すこしのんびりとした店舗でした。

以前の勤務先は総合病院の門前にある繁忙店で10人以上の薬剤師が勤務していたこともあり、大きなギャップを感じたそうです。実際に働き始めると仕事の流れも大きく異なっており、さらに戸惑ってしまったと話してくれました。

以前の職場は調剤や監査など業務ごとに分担をしていて、特に監査はダブルチェックをして間違いの無いようにしていたそうです。しかし、新しい職場は処方せんを受け取ってから薬歴の記入まで1人で行い、ミスが発生しても気づくことができないようです。

ただ、「また2年で転勤する」という気持ちもあり、薬局のやり方に沿って仕事をされたそうです。特に問題も無いまま2年が経過して、次は山形県山形市へと転勤が決まりました。

これまでは引っ越しを終えてからハローワークで仕事を探していました。しかし、求人内容が不明確だったり、実際に働くと内容が違っていたりということも多かったそうです。さらに思ったことを口にするのが苦手な性格だったため、不満・不安に感じたことがあっても口にすることができなかったようです。

これからも転勤が続いていくことを考えると、転職の際に掛かるストレスが少ない職場をしっかりと選んでいきたいという気持ちから強くなったそうです。そこで、インターネット検索から弊社ファーネットキャリアへ登録を頂きました。

【転職エージェントへ登録】

薬剤師さんのご希望をヒアリングするために、お休みの日にお時間を頂きました。石川県金沢市にあるご自宅近くまで訪問して、カフェで話をさせて頂きました。さまざまな地域で勤務をしてきた経験からか、初対面の人にも壁を作らず、うまく周りとコミュニケーションが取れる薬剤師さんだと感じました。

1時間ほど面談をさせて頂き、以下のような希望を伺うことができました。

・山形県山形市の調剤薬局

・通勤は自宅から車で20~30分程度

・働き始めた後、無断で勤務日数や勤務時間を変更されない環境

・19時までには自宅に帰れること

求人リサーチの難易度は高くありませんでしたが、薬剤師さんが「薬局ごとに仕事のやり方が違って戸惑ってしまう」と話していたのが気になりました。

そこで私は薬剤師さんに「全国規模の薬局で勤務をして旦那さんの転勤と一緒に異動するのはどうでしょうか? 全国チェーンなら統一のマニュアルがあるので、店舗が変わってもストレスを軽減することができます。それに、長く働くことで毎年昇給があり収入面は安定しますし、退職金の積み立てもできますよ」と提案しました。

この薬剤師さんは給与へのこだわりは強くなかったのですが、「2年ごとに収入の増減を気にするのは嫌ですね。それに退職金のことは全然考えてませんでした……」と話してくれました。私の提案に納得してくださった様子でしたので、すぐに求人案件のリサーチを行いないました。

全国規模の薬局チェーンは数が限られているので、すぐにリサーチが終わり、最終的に以下の2つの薬局から求人を頂くことができました。

①全国にまんべんなく展開している調剤薬局チェーン

②全国に展開しているが、主に東日本への展開をしている調剤薬局チェーン

薬剤師さんに提案をすると、両方の薬局で面接を希望されたので面接日程の調整し、当日は私も同行させて頂きました。面接では薬局ごとに仕事のマニュアルなどを見せて頂き、実際に稼働している店舗で仕事の流れを説明してもらいました。

特に問題もなく無事に面接が終わり、薬剤師さんに薬局ごとの印象を伺ってみると、「どちらの薬局も仕事の流れはほとんど同じように感じました。ただ、おそらく主人は東日本での転勤が続くことので、②の薬局のほうがいいような気がします。それに見学をさせてもらった店舗のスタッフさんの雰囲気も②のほうが良かったです」と話してくれました。

後日、それぞれの薬局から雇用条件通知書(働くときの詳細な雇用条件)をもらい薬剤師さんに確認してもらうと、「ありがとうございます。主人とも話をして②の薬局でお世話になることに決めました」と返事をもらうことができました。

入職して1ヶ月が経過したころにお電話で近況を伺ってみると、「今の職場では違和感なく仕事することができています。転勤先のことはまだわかりませんが、何かあったとしてもファーネットキャリアさんに相談させて頂くので力を貸してくださいね!」となんとも嬉しい言葉をかけて頂きました。

そんなやり取りをしたのが8年前のことです。今でもときどき電話で話をするのですが、異動先にも恵まれていて転職することなく、いまの全国チェーンの調剤薬局で順調に勤務をしていらっしゃるそうです。

薬剤師は女性比率が高いので転勤族の旦那さんに合わせて転職をされる方からの相談は多いです。転居のたびに転職をするか、今回の薬剤師さんのように異動をするかは、それぞれにメリット・デメリットがあります。

転勤で悩んでいる方は一度、ファーネットキャリアまでご相談ください。しっかりとヒアリングをさせて頂き、最善の選択ができるようにサポートをさせて頂きます。

ファーネットキャリアが最高の転職を実現させます

薬剤師の方々が私たちのような転職エージェント(転職サイト)を利用することによって、「多くの求人から、、希望条件に合う職場を見つけることができる」「職場見学や社風の調査を含め、ミスマッチを事前に防止できる」などを行うことができます。これを自分一人で行うことはできないため、転職エージェントが代わりに行うことは大きな意味があります。

弊社ファーネットキャリアでは薬剤師専門の転職支援を行っていますが、このサービスによって良い職場で働ける薬剤師さんを増やすことが当社の指名です。既にある求人を提示するのではなく、必ず面談を行うことでヒアリングし、その内容を元にしてゼロから求人を作成するなどによって、当社ではミスマッチを極限まで減らすことに成功しています。

転職を行うとき、少しでも不安がある方は弊社ファーネットキャリアのサービスを活用ください。どの職場でダメだった場合であっても、ファーネットキャリアであれば必ず良い転職を実現させます。

aaa
fa2