ac2abce4f4c8381eba993937c2db82a0_s

弊社ファーネットキャリアは薬剤師専門の転職エージェントです。そのため、転勤で各地を転々としている薬剤師さんからマイホームを購入に伴い、その近郊の職場へ転職したいという相談を頂くことが多くあります。

例えば以前に、秋田県秋田市にお住まいの30代男性薬剤師さんから、そのような相談を頂いたことがありました。日本海側にある人手不足の店舗を短いスパンでヘルプ勤務していたのですが、マイホーム購入を機に「地域に根差した薬剤師」として再スタートを切りたいと考えるようになったそうです。

そこで今回は、新しいステップとして秋田県秋田市の調剤薬局を探すお手伝いをさせて頂いたときの話です。実際に、ファーネットキャリアでサポートさせて頂いた薬剤師さんの転職体験を知ることは、あなたの転職活動に役立つと思います。

【高校卒業後は実家の青果業を手伝い】

この薬剤師さんは、高校を卒業してから実家の青果業を手伝っていらっしゃいました。ただ、ご両親からは何かあったときのために資格を取得するようにと普段から言われていたそうです。あまり真に受けずに仕事をしていらっしゃったのですが、働いていく中で仕事の厳しさを知り、資格を取得することを決めたと話してくださいました。

「医療系の資格は安定感がある」という両親の後押しもあり、高校卒業から5年後に北海道の薬科大学へ入学されたそうです。周りの学生との年齢差に戸惑いながらもストレートで大学を卒業して、薬剤師免許も取得することができました。

入学当初は、卒業後は青果業へ戻ろうと考えていらっしゃいましたが、学年が上がるにつれて、薬剤師として働きたいという気持ちが大きくなっていました。卒業後の進路を両親に相談すると、薬剤師として働くことを応援してくれたため、全国規模の調剤薬局チェーンに総合職として就職されたそうです。

【ホテル暮らしをしながら全国の店舗をヘルプ勤務】

新入社員研修を終えて、配属となったのは島根県の店舗でした。最初の1年間は配属店でしっかりと経験を積んで薬剤師としての基礎を構築し、2年目からは近隣店舗へのヘルプを行うようになりました。

いろいろな店舗へ赴いて、さまざまな処方せんを扱える環境はとても新鮮で楽しかったそうです。年々ヘルプ勤務するエリアは広がっていき、最終的には日本海側の人手不足の店舗を短いスパンで転々とするようになっていました。ホテル住まいが当たりまえの生活でしたが、小旅行のような気分で楽しんでいらっしゃったようです。

30歳も半ばに差し掛かろうというタイミングで、当時お付き合いをしていた方と結婚することになり、実家のある秋田県秋田市へ戻ることを決めたそうです。

【転勤か、転職か……】

会社に秋田県へ戻ることを報告すると、秋田市内の店舗へ異動することを提案されました。ただ、ヘルプ勤務が完全になくなることは難しいと言われたそうです。

地元秋田に戻るに当たって、実家近くに家を借りる予定だったのですが、ご両親の後押しもありマイホームを購入することが決まっていました。これからは独り身ではなく、奥様も仕事を辞めてまでついてきてくれることを考えると、「秋田県で腰を据えて働ける環境の方が望ましい」という気持ちが大きくなったそうです。

奥様とも相談を重ねた結果、現職から離れて新しい環境で再スタートすることが決まり、弊社ファーネットキャリアへ相談を頂きました。

【転職活動開始】

ファーネットキャリアでは薬剤師さんと紹介先とのミスマッチを減らすために事前の面談をしています。薬剤師さんが休みの日に、当時ヘルプ勤務で滞在していた鳥取県に伺い、近場のカフェで1時間ほど話をさせて頂きました。ヒアリングした結果から、以下のような希望に沿った求人を探すことになりました。

・秋田市の自宅からマイカー通勤で1時間圏内

・給与(年収700万円)は可能な限り現状維持

・週休2日(日祝+1日)

求人リサーチ専門の部署にこの薬剤師さんの面談報告書を添えてリサーチを依頼しました。希望内容はとてもシンプルだったのですが、これまで各地をヘルプ勤務しながらハードに働いていたため、同年代の薬剤師に比べてかなり高給でした。

店舗勤務の薬剤師に対して、それだけの給与を出してくれる薬局はなかなか見つからず、リサーチ作業は難航していました。しかし、リサーチを行うなかで秋田県内に広く店舗展開している調剤薬局チェーンの採用担当者から一つの提案を頂きました。

それは、「これまでの経験を活かして、通勤可能圏内の店舗を掛け持ち勤務してもらえないか」という提案でした。この勤務スタイルであれば年収700万円でも迎え入れが可能と話してくださいました。

すぐに薬剤師さんに提案すると、「毎日家に帰れる範囲なら複数店舗で勤務することは構わないです」と承諾してくださったので、すぐに面接の日程を調整しました。面接当日は私も薬剤師さんに同行させて頂き、勤務する可能性のある店舗をいくつか見学させてもらいました。

さまざまな店舗で勤務してきた経験から、調剤室内の物の配置やスタッフの動き方などを慣れた様子で確認していらっしゃいました。

面接終了後に、薬剤師さんに時間をもらって印象を聞いてみると「いままでいろいろな店舗で働いてきたので、どの店舗に入ることになっても問題ないです。それに、いつも同じ環境にいるのは私には向いてないと思うので、今回の掛け持ち勤務の提案はとてもありがたいです」と話してくださいました。

後日、薬局の採用担当者から届いた雇用条件通知書(詳細な雇用条件を記載した書類)を薬剤師さんに確認してもらい、正式に入社することが決まりました。

入職してから3ヶ月経ったころに電話で様子を伺うと、「とても順調に勤務できています。ホテル暮らしと違って奥さんのご飯が毎日食べられるので体も調子がいいです」と満足そうに話してくださいました。

薬剤師以外の仕事だと、マイホームの購入時に転職を考えるケースは少ないですが、薬剤師の場合はライフスタイルの変化に合わせて転職をしやすいです。

もし、同じような悩みをお持ちの薬剤師さんがいらっしゃいましたら、ファーネットキャリアまで相談ください。しっかりと面談をさせて頂き、その人にとって最適なアドバイスをさせて頂きます。

ファーネットキャリアが最高の転職を実現させます

薬剤師の方々が私たちのような転職エージェント(転職サイト)を利用することによって、「多くの求人から、、希望条件に合う職場を見つけることができる」「職場見学や社風の調査を含め、ミスマッチを事前に防止できる」などを行うことができます。これを自分一人で行うことはできないため、転職エージェントが代わりに行うことは大きな意味があります。

弊社ファーネットキャリアでは薬剤師専門の転職支援を行っていますが、このサービスによって良い職場で働ける薬剤師さんを増やすことが当社の指名です。既にある求人を提示するのではなく、必ず面談を行うことでヒアリングし、その内容を元にしてゼロから求人を作成するなどによって、当社ではミスマッチを極限まで減らすことに成功しています。

転職を行うとき、少しでも不安がある方は弊社ファーネットキャリアのサービスを活用ください。どの職場でダメだった場合であっても、ファーネットキャリアであれば必ず良い転職を実現させます。

aaa
fa2