708e33582e0d556ff5a3d8b71c22bda7_s

弊社ファーネットキャリアは薬剤師専門の転職エージェントです。そのため、さまざまな悩みを抱える薬剤師さんから相談を頂くのですが、その中でも一番多いのが人間関係に関する相談です。

病院や薬局などでは、「同じ空間」で「同じメンバー」と仕事をしていくため、個々人の個性が良い方向に作用すれば、非常に強い相乗効果が生まれます。ただ、悪い方向に作用してしまうと、本来の仕事に集中できずに業務が滞ってしまうことも珍しくありません。

例えば以前に、茨城県日立市にお住まいの30代男性薬剤師さんから、職場の人間関係を理由に転職を考えているという相談を頂いたことがあります。

入職したばかりの調剤薬局の管理薬剤師が、調剤室内で平然と飲食をしていたり、業務中に私用のメールを携帯から頻繁に送っていたりしていたそうです。

自身の理想とする薬剤師のあるべき姿とのギャップが大きく、長期的な就業のイメージが持てなかったため、早期退職されました。今回ご紹介するのは、その薬剤師さんが新しいステップとして、同じ日立市内の調剤薬局への転職をサポートさせて頂いたときのエピソードです。

【医学部を諦め、薬学部へ入学】

この薬剤師さんの第一志望は、もともとは医学部だったそうです。しかし、合格に届かなかったため、関東の薬科大学へ入学されたと話してくださいました。そのままストレートで大学を卒業されて、関東に店舗展開する調剤薬局チェーンへ就職されました。

ただ、さまざまな店舗を掛け持ちされながら、多くの患者さんとふれあう中で「医師として患者さんと向き合いたい」という気持ちが大きくなっていったそうです。悩み抜いた末に「1年だけ」と期限を決めて医学部へ再挑戦するという決断を下し、4年勤めた調剤薬局から退職したと話してくださいました。

【再び医学部を目指して猛勉強するも断念】

退職してからは関東を離れ、故郷茨城県へ戻って実家で勉強に励まれました。寝る時間以外、そのほとんどの時間を勉強に費やし、関東の医学部を受験しました。しかし、残念ながら結果は不合格に終わったため、医学部は諦めて、薬剤師として再スタートを切られたそうです。

関東での就職先を探していると、前職の同僚から近況を尋ねる電話がかかってきました。受験に失敗したと伝えると、「また一緒に働かないか」と誘われたそうです。前職に対してネガティブなイメージもなかったため、その提案を受け入れたそうです。

改めて薬剤師として経験を積み、いつしか県外の店舗を含めた広いエリアを任されるマネージャーを担うようになりました。会社からの期待をポジティブに捉え、今後もこの薬局で働いていこうと考えていた矢先、東日本大震災が発生し、地元である茨城県は大きな被害を受けられました。

日立市のご実家は直接的な被害は少なかったものの、この環境では、今回のように高齢のご両親に何かあったときにすぐに対応ができないという思いから、茨城県に戻られる決断をされたそうです。

【故郷茨城県の調剤薬局で勤務するもすぐに退職】

茨城県に戻るために、薬剤師専門の就職サイトから茨城県の求人情報を集めて、就職先を探されました。条件に合う求人がいくつかありましたが、仕事が忙しく見学などの時間が取れなったために、簡単な面接だけで実家近くにある調剤薬局へ入職を決めたそうです。

新しい環境でのスタートで最初は緊張されていらっしゃいましたが、これまで複数の店舗を束ねてきた経験があったため、すぐに職場に馴染むことができたそうです。

ただ、慣れてくるにつれて、いくつか気になることが出てきました。管理薬剤師が勤務中、患者さんがいなくなった少しの間に、調剤室でお菓子を食べていたそうです。さらに白衣を着たまま薬局の外で煙草を吸って、においのついたまま戻って調剤を行ったり、終業中にプライベートのメールを送信したりしていました。

仕事に慣れて周りの状況がよく見えるようになり、管理薬剤師の行動がとても目に付くようになったと話してくださいました。地元に戻って両親の近くに住みながら、地域に貢献できる薬剤師を目指そうと考えていた薬剤師さんには、この管理薬剤師の行動がどうしても許すことがでませんでした。

そのため、入職から3ヶ月という短い期間ではありましたが、退職を決意されて弊社ファーネットキャリアへご相談くださいました。

【転職活動スタート】

ファーネットキャリアではミスマッチを減らすため、求人案件を提案する前に家のお近くまで伺って面談を必ず行います。今回も茨城県日立市にある職場近くのカフェで待ち合わせをして話をさせてもらいました。ヒアリングした結果から、最終的に以下のような希望に沿った求人を探すことになりました。

・茨城県日立市内の調剤薬局(職場近くに転居予定)

・現在の年収550万円を可能な限り維持できること

・かかりつけ薬剤師として地域に貢献できること

社交的・友好的な薬剤師さんで「これからの薬剤師」について、自身の中で明確なビジョンを持っていらっしゃいました。多くの薬局から求人情報を頂けることが予想されたため、「かかりつけ薬局として機能、活動状況」を併せて確認することにしました。

最終的に10件ほどの求人を薬剤師さんに提案し、1件1件の内容を確認してもらった結果、茨城県と近隣県に店舗展開している薬局へ面接に行くことになりました。

面接日程を調整して、当日の面接には私も同行をさせて頂きました。面接の際に、在宅応需・健康相談薬局としての取り組みや、地域のイベントへの参加状況などを詳しく説明して頂きました。

薬局の社長が薬剤師会の役員だったため、「地域貢献の気持ちが強い薬剤師さんは大歓迎です。そのために必要なサポートは何でもできる環境が整っていますよ」と心強い言葉をかけてくださいました。この言葉に薬剤師さんも心を動かされ、店舗見学を終えたタイミングで入職したいと返事をくださいました。

そのままの足で転居先を探しに行こうとしたところ、薬局の社長から声を掛けられました。「震災で賃貸物件はなかなか確保が難しくなっている。私が保有しているマンションの一室を何かあったときのために空室にしてあるから、もしそこで良ければ格安で貸しますよ」という非常にありがたい提案でした。

実際にマンションを見学させてもらうと、薬剤師さんも気に入った様子でした。そのため、就職先も入居先もその日のうちに決めることができました。

新しい職場での勤務が始まって1ヶ月が経った頃に、アフターフォローの連絡をすると、「前職と違っていい環境で仕事ができています。薬剤師会とのつながりが強いため、自分ではなかなか気づかないようなアイデアが次から次にでてきています。少しずつですが、形にして地元に貢献していきます」と満足していらっしゃる様子でした。

今回のケースのように、人によって仕事に対する取り組み方はさまざまです。その違いよって全体が悪い方向に行くのであれば、話し合いの場を持つなど解決の努力が必要です。

しかし、解決が難しい場合は転職も視野に入れながら行動したほうが良いケースも多くあります。「いつでも転職できる」という後ろ盾があることで、良い意味で吹っ切れて仕事が前向きに進むようなケースもあります。

そのため、もし職場の人間関係でお悩みの薬剤師さんがいらっしゃいましたら、弊社ファーネットキャリアまで問い合わせください。あなたに合った転職方法を全力でサポートいたします。

ファーネットキャリアが最高の転職を実現させます

薬剤師の方々が私たちのような転職エージェント(転職サイト)を利用することによって、「多くの求人から、、希望条件に合う職場を見つけることができる」「職場見学や社風の調査を含め、ミスマッチを事前に防止できる」などを行うことができます。これを自分一人で行うことはできないため、転職エージェントが代わりに行うことは大きな意味があります。

弊社ファーネットキャリアでは薬剤師専門の転職支援を行っていますが、このサービスによって良い職場で働ける薬剤師さんを増やすことが当社の指名です。既にある求人を提示するのではなく、必ず面談を行うことでヒアリングし、その内容を元にしてゼロから求人を作成するなどによって、当社ではミスマッチを極限まで減らすことに成功しています。

転職を行うとき、少しでも不安がある方は弊社ファーネットキャリアのサービスを活用ください。どの職場でダメだった場合であっても、ファーネットキャリアであれば必ず良い転職を実現させます。

aaa
fa2