薬剤師国家試験を通過することは非常に大変なことです。5・6年生になり始めたときから勉強漬けの日々が国試合格のために勉強に励む日々が続きます。勉強に一辺倒になると就職活動に時間が割けず、病院や薬局の情報も集めないで、目の前にある会社に入社を決めがちになります。

そうなると、入社後にイメージしていた働き方や労働条件にミスマッチを起こしやすくなります。

今回、転職支援した福岡県の薬剤師さんは就職活動に時間を掛けることができず、取り合えずで決めた薬局に入社しました。そんな薬剤師さんを自分らしく働ける職場へと転職を成功させたエピソードをご紹介致します。

就職活動に時間を割かずに就職先を決めてしまった

この薬剤師さんは福岡県福岡市出身の20代の女性で、地元の高校を卒業して福岡の薬科大学に入学されました。父親がMRとして働かれており、薬剤師の免許を持っていました。その父に憧れてご自身も薬剤師になりたいと感じたそうです。

大学生活は家庭の事情もあり、学校を休むこともあったそうです。案の定、大学は卒業延期になり、予備校に通いながら2度目の試験で合格しました。予備校では勉強漬けの毎日であった為、就職活動に時間を取ることはできませんでした。

就職先は試験に合格してから、父親の知り合いの薬局に決められました。

入社して1ヶ月間は座学や実地で研修を積み、総合病院門前の大きな薬局で働かれておりました。2ヶ月目に入ると、地元のこじんまりとした薬局に配属になりました。

しかし、薬局内が非常にせまく、スタッフ同士がぶつかり合いながら仕事をしているような環境でした。トイレ休憩や水分補給もままならず、そこに毎日のハードワークが重なり、薬局内で倒れてしまう事態がありました。

人間関係は良好だったものの、就業環境面で体力的な限界を感じ、このままでは続けられないと、退職を決意しました。

退職する3ヶ月前に薬剤師の転職支援サイト「ファーネットキャリア」に登録して、担当の転職コーディネーターと希望条件、働き方、将来のビジョン等を直接会って話しをすることになりました。

面談カウンセリング

弊社ファーネットキャリアでは、転職を希望する薬剤師さまに求人案件を提供する前に、必ず薬剤師さんとお会いさせて頂いております。直接お会いすることによって薬剤師さんの希望を深く理解できたり、その方の人柄を含めてアドバイスをすることができるからです。

薬剤師さんと面談をしていると、早期退職することについて、ご自身で、自分を不甲斐ない…と責める様な気持ちがあったので、 体調を崩すまで辛抱して働く事は決して正しい事ではないという点をお伝えしました。

逆に、忙しい環境に身を置いてしまうと、どこまでも無理をして頑張りすぎてしまう様なご性格と見受けられたので、先ずは薬剤師という仕事にしっかりと馴染める様な、環境の落ち着いた所を考えて行きましょうと、示し合わせをしていきました。

薬剤師さんと面談をして希望された条件は以下の通りでした。

・年収400万円

・転居を伴う異動がない場所での勤務

以上の条件からさらに長く、やりがいを持って働くために、以下の条件を私から提案しました。

・処方箋枚数に見合った人員配置がある薬局

・習熟度に合わせて仕事の量や質を考慮してもらえる環境

まずは、ハードワークになるような環境を避けるために、適切な人員配置を行い、余裕を持って調剤業務にあたれる環境、さらには個人の力量をしっかりと見極めてくれるような上司のもとで働けるような環境でなければなりませんでした。

あとは、女性薬剤師としての将来のライフプランを考えて、結婚後に働きやすい環境かも、併せて重要な条件として提案していきました。

薬剤師さんからの要望は難しくはなかったので、比較的すぐに求人リサーチの専門部署から2つの求人が上がってきました。

①福岡市に6店舗を展開する個人薬局

②福岡県に20店舗を展開する中規模調剤薬局チェーン

薬剤師さんに求人案件を確認してもらうと両方の薬局さんに店舗見学と面接に行きたいということで、さっそく日程調整して、私もどちらの薬局さんにも同行しました。

①の薬局は配属先として提案頂いた店舗が広さもあり、新規オープンしてから間もないので仕事内容もゆっくりしていて、 自分のペースで勉強もできるという希望にはあっていたが、 扱う領域が限られていました。

若いうちは、やはり勉強しないと…という薬剤師さんの話に、社長様が今後の出店計画もお話してくださり、「今の環境に先ずは馴染んで、仕事が自分のペースで出来る様になれば、もう少し領域を広げていきましょう」と、将来的な配属異動/スキルUPの勉強も十分可能であることも話して下さいました。

②の薬局では福利厚生を重視した話が多く、希望条件面ではクリアしていたものの、薬局見学の際に殺伐とした環境で仕事を黙々とこなす姿に、薬剤師さんが違和感を持たれる印象がありました。

どちらも和やかな雰囲気で終わり、面接を終えてから、近くのカフェで薬局の印象を伺いました。

「①の薬局さんは薬剤師の経験年数が浅いという点も考慮くださり、人柄を重視した面接を行ってくれました。 社長ご自身(薬剤師)が新卒で働いた時に、挫折した経験をお話して下さったり、 現場の薬剤師様も面接に同席して下さり、趣味や学生時代のアルバイトの話も親身になって聞いてくれたので、会社の全体の雰囲気がイメージしやすかった」と話しをしてくれました。

この1週間後に内定のご連絡をいただき、薬剤師さんもすぐに①の薬局さんに決められ入社することとなりました。

就職前にしっかりと情報を集めて時間を取って転職活動しないと、入社したときにミスマッチを起こしやすくなります。どうしても、転職するときにお時間が無いときは、弊社ファーネットキャリアにお問合せ下さい。時間のない貴方に代わって、適切な薬局や病院を提供することができます。

ファーネットキャリアが最高の転職を実現させます

薬剤師の方々が私たちのような転職エージェント(転職サイト)を利用することによって、「多くの求人から、、希望条件に合う職場を見つけることができる」「職場見学や社風の調査を含め、ミスマッチを事前に防止できる」などを行うことができます。これを自分一人で行うことはできないため、転職エージェントが代わりに行うことは大きな意味があります。

弊社ファーネットキャリアでは薬剤師専門の転職支援を行っていますが、このサービスによって良い職場で働ける薬剤師さんを増やすことが当社の指名です。既にある求人を提示するのではなく、必ず面談を行うことでヒアリングし、その内容を元にしてゼロから求人を作成するなどによって、当社ではミスマッチを極限まで減らすことに成功しています。

転職を行うとき、少しでも不安がある方は弊社ファーネットキャリアのサービスを活用ください。どの職場でダメだった場合であっても、ファーネットキャリアであれば必ず良い転職を実現させます。

aaa
fa2