薬剤師業務をしていて疲れを感じるときはどんなときでしょうか?また疲れには体力的疲労、精神的疲労など様々なケースがあります。

弊社ファーネットキャリアは薬剤師専門のキャリア支援会社です。以前、栃木県にお住まいの大手調剤薬局に勤務しております30代男性薬剤師さんより相談を受けたことがあります。

大学卒業後、大手調剤薬局へ入社し働いていましたが、薬局のとある事情により、慢性的な薬剤師不足を虐げられていた薬剤師さんが日々の激務を改善すべく転職を希望されました。

働いていた先に待っていた激務

在学中に今後の自分の就職先を探すべく、薬学部時代は学内の合同説明会に積極的に参加していたそうです。色々な説明会に参加する中で、今回の薬剤師さんは2つの薬局様に絞られました。

それは全国に店舗展開している大手調剤薬局と、地域密着型の少数店舗展開の薬局の2つでした。友達や先輩方に相談し、自分の選択に悔いが残らないようにしっかりと考えていらっしゃいました。

薬剤師さんは悩んだ末、大手調剤薬局を選びました。理由は組織の大きさから調剤業務だけではなく、今後エリアマネージャーや管理職などを経験できることです。そして、いろんな方と接することで自分自身が成長できると感じたからです。

無事に大手調剤薬局に入社が決まり、まずは群馬県の店舗で2年、その後、生まれ故郷でもある栃木県の薬局で2年勤務されたそうです。

入社して約1年が経ち、やっと仕事にも慣れてきたとき、他県の薬局で欠員が出たそうです。この穴埋めに薬剤師さんが対応されたそうです。

しかし、このヘルプ勤務をポジティブに捉えていた薬剤師さんは、仕事で色々なところへ行けると、全く苦には感じていなかったそうです。大学時代に希望していた「いろんな方と接したい」という思いから、他の店舗で勤務することはむしろ望んでいたことなのでしょう。

地方は都心に比べ薬剤師さんが集まりにくいという特性があります。若い薬剤師さんは都会に集まるためです。「欠員が出たからといってすぐに求人を出してもなかなか応募がない」と、私はよく薬局の採用担当者さんにお話を聞くことがあります。

そんな働き方を2年ほど続けている中、管理薬剤師として栃木の薬局で勤務をしてほしいと辞令を受けました。薬剤師さんは元々栃木県出身ということもあり、快く承諾し、管理薬剤師として勤務をスタートしました。同時に自分の頑張りが認められたと感じていたそうです。

管理薬剤師としての勤務により、以前のように多店舗へヘルプ勤務に行くことはなくなりましたが、1つの店舗を任されるという責任感を感じていたそうです。薬剤師さんは自分の経験やスキルアップになると思い日々頑張っていました。

薬局から常勤薬剤師が一人抜ける

責任感とやりがいを感じ管理薬剤師として勤務している中、ある一本の連絡が薬局さんに入りました。栃木エリアにてM&A(店舗譲渡)に力を入れ、新しい店舗がオープンするとの連絡でした。それにより、薬剤師さんが務める薬局からオープニングスタッフとして一人、常勤薬剤師さんの移動要請があったのです。

本部からは、「今人員を募集しているので、申し訳ないが少しの間少ない人数で頼む」とお願いされたそうです。

薬剤師さんも薬局が大きくなるならと受け入れ、またすぐに人員の補充がくると思い頑張っていました。しかし、待てども人員の補充はありませんでした。責任感の強い薬剤師さんは、他のスタッフに負担は掛けたくないと自分ひとりで毎日残業をしていたそうです。

そしてあるとき、限界を迎えました。毎月60時間程の残業が1年ほど続き、なかなか改善されない環境に対し体力的限界を感じました。弊社に登録があったのはまさにこのときでした。登録後に日程を調整し、面談カウンセリングを行いました。

栃木県で面談カウンセリング

お仕事のお休みの日を利用し、面談カウンセリングを実施致しました。面談時、お会いしたときはかなり疲弊しているように見受けられました。薬剤師業務に対する内なる熱い想いは残しながらも、肉体的疲労にむしばまれてギリギリの精神状態でした。

私はまず今までの経験や、なぜここまで疲弊したのかを事細かにお聞きしました。時折うつむきながらも、どこか話す言葉には心の叫びのようなものを感じました。しかし、色々な会話を交わす中で徐々に笑顔も見られました。

弊社にご登録後、他社の支援会社にも登録し、薬局様の求人案件を数件頂いているとおっしゃっていましたが、特に色んな話をすることもなく、「いつ面接に行けますか?」とかなり急かされる感じがしたとお聞きしました。

弊社ではご登録後、全国どこへでも足を運ばせて頂き、細かなご希望を確認することはさることながら、その方の人間性の部分をしっかりと拝見させて頂きます。「この薬剤師さんは何を一番求めているのか?」「何を大事にされているのか?」などを確認することにより、ご入社後の条件面や働き方のすれ違いなどを極力無くすことが可能です。

今の薬剤師さんの取り巻く環境を改善すべく二人でお話をする中で、私は次のような提案を致しました。

・県内に数店舗のみを展開している薬局

・残業があまり発生しない薬局

理由としては、今後ご本人も含め異動の多い環境ですと、前職と同じことが繰り返されると感じたからです。また、中には残業に関してとてもシビヤに受け止めている薬局様もあります。

各薬局にお話をお伺いすると、「残業は棚卸のときだけです」「月多くて5時間程です」などの情報を頂くことがあり、そうした薬局であれば今回の薬剤師さんに適していると判断できます。

上記のご提案を踏まえ薬剤師さんよりお聞きした希望条件は下記の通りです。

・年収500万円以上

・自宅から車で30分以内

・内科・耳鼻科をメインで受けている薬局様

まず、年収500万円に関しては、前職にて頂いていた年収を維持したいという想いでした。また、内科・耳鼻科をメインに選んだ理由としては、群馬エリアでの勤務からずっとメインで処方を受けていたことから、自信とやりがいを感じていたからです。

こうして、頂いた情報・ご希望を元に各薬局への声掛けを開始しました。

栃木県の薬局へ面接

弊社から薬局への声掛けを行って1週間後、3件の薬局より求人案件を頂きました。通勤エリアの都合上、薬局の数が少ない中でのお声掛けにはなりましたが、どれも薬剤師さんのご希望に沿った薬局様でした。

弊社にてしっかりと条件面・環境面双方の角度から薬局に細かく確認を取り、薬剤師さんへ紹介させて頂きました。紹介後、忙しい合間を縫ってご検討頂き、1つの薬局に絞って面接をお受けになる意志を頂きました。

選んでもらった薬局は県内に2店舗を展開しており、薬剤師さんの自宅から車で15分程のところに位置する薬局でした。20時半までの勤務にはなりますが、残業は月5時間程度の薬局様です。

紹介してから面接するまで、既に1ヶ月が経過しておりました。ご自身の中で、薬局選びに対しかなり慎重になられていたご様子でした。

薬剤師さん、薬局さんのスケジュールを調整し、受け入れ予定店舗の休憩室で面接を行いました。薬剤師さんは始まる前に少し緊張していましたが、その緊張も面接が始まるとすぐに無くなった感じがしました。

面接をして下さった薬局の社長さん・人事の方の人の良さがとても印象深く、薬剤師さんの今までの経験や現職で感じたことなどを親身になって聞いて下さりました。お話を聞いた上で理解し、双方の描く理想の薬局作りについて話して頂きました。

また、私から社長さんに「今後店舗の拡大は考えていますか?」と質問すると「はい!考えています。しかし、新しく店舗を出す前に既存の店舗にて一度受け入れ、経験や店舗の人員などのバランスなどを精査して出店します」とお答え頂きました。

その言葉に私よりも先に薬剤師さんが反応し、共感していました。「自分が求める薬局がここだ」というような目の輝きは今でも覚えています。

面接は終始穏やか雰囲気の中、約1時間半で終了し、その後に私も含めみなさんで食事に招待されました。食事中は大半がプライベートのお話で、時折冗談も織り交ぜながら、楽しいひと時を過ごしました。

正式に入社が決定する

それから1週間程経ち、面接した栃木県の薬局より採用とのご連絡があり、私はすぐに薬剤師さんへ連絡を取りました。報告すると「もちろん行かせて頂きます」と即答で返事を頂きました。

入社後、しばらくして薬剤師さんにお仕事状況を伺うと「おかげさまでやりがいを感じながら、楽しくやっています!」と明るい口調で話して下さりました。在宅業務の経験もでき、日々勉強になるとのことです。また、少し前にみなさんで社員旅行にも行き、とても仲良くされているご様子でした。

仕事をする中で、どんな環境でも役職でも疲れやストレスを必ず感じます。しかし近年では「働き方改革」など従業員に対しできる限り快適な職場環境を提供するという動きもあります。

「何を行えば快適な環境なのか」は各企業様によって異なりますが、絶対に過度な残業や、キャパオーバーの仕事量をこなすことなどはあってはなりません。改善も必要ですが、それにはかなりの時間と能力が伴います。

今回取り上げた事例のように、転職はその一つの選択肢です。今の環境に不満や不安を感じておられるのであれば、弊社ファーネットキャリアへご連絡下さい。微力ではありますがお力添えさせて頂きます。

ファーネットキャリアが最高の転職を実現させます

薬剤師の方々が私たちのような転職エージェント(転職サイト)を利用することによって、「多くの求人から、、希望条件に合う職場を見つけることができる」「職場見学や社風の調査を含め、ミスマッチを事前に防止できる」などを行うことができます。これを自分一人で行うことはできないため、転職エージェントが代わりに行うことは大きな意味があります。

弊社ファーネットキャリアでは薬剤師専門の転職支援を行っていますが、このサービスによって良い職場で働ける薬剤師さんを増やすことが当社の指名です。既にある求人を提示するのではなく、必ず面談を行うことでヒアリングし、その内容を元にしてゼロから求人を作成するなどによって、当社ではミスマッチを極限まで減らすことに成功しています。

転職を行うとき、少しでも不安がある方は弊社ファーネットキャリアのサービスを活用ください。どの職場でダメだった場合であっても、ファーネットキャリアであれば必ず良い転職を実現させます。

aaa
fa2