bedfd42e9a0bc9c0815c01ae8f93f970_s

弊社ファーネットキャリアは薬剤師専門の転職エージェントなので、さまざまな理由で転職を考えている薬剤師さんから問い合わせを頂きます。その中には、診療報酬の改定によって勤務先の経営の先行きに不安を感じ、転職をされる薬剤師さんがいらっしゃいます。

以前、福岡県福岡市にお住まいの30代男性薬剤師から転職の相談を頂いたことがあります。診療報酬改定の内容を見て、調剤報酬だけでは勤めている薬局の経営が難しいと考えていらっしゃいました。

そこで、これからの薬剤師が活躍するフィールドは在宅医療・福祉の分野だと考え、そのような強みのある調剤薬局への転職を支援させて頂きました。

【MR職に憧れて入社を決意するも……】

この薬剤師さんは福岡県の薬科大学院を卒業され、薬剤師として臨床の現場で活躍することを志して就職活動に励まれたそうです。ただ、就職活動を通じて出会った会社のMR職に興味を持ち、入社をされました。

しかし、新卒研修を終えて配属となったのはMR職ではなく企画職となり、勤務地も希望していた福岡県ではなく、東京の本社となってしまったそうです。

ご自身の想像とかけ離れた実態から1年間で退職を決意され、もともと希望していた「臨床の薬剤師」に向けて転職活動をされました。

【福岡県福岡市の調剤薬局で勤務開始】

転職サイトで情報を集めて、福岡県福岡市にある中規模薬局へ就職を決めたそうです。それからは、「信頼される薬剤師」を目指して外部の勉強会や学術大会にも積極的に参加して自己研鑽に励んだと話してくれました。そして、そこで出会った一人の女性薬剤師さんと縁がありご結婚もされたそうです。

職場では人とのご縁を大切にしたいという思いから、薬局内の人間関係だけでなく、門前のドクターと休日にゴルフに出かけるなど、コミュニケーションを大切に勤務をしていました。

しかし、調剤薬局での勤務を重ねてるごとに「調剤報酬一辺倒である会社の方向性」と「変化を求められる業界全体の方向性」にズレを感じるようになったそうです。

奥様の妊娠を機に自身の将来を見つめ直し、調剤薬局のビジネスモデルに大きな不安を感じたため、10年勤めた福岡県福岡市の調剤薬局を退職することを決め、弊社ファーネットキャリアまで相談を頂いたそうです。

【実家のある鹿児島県鹿児島市の調剤薬局へ転職活動開始】

今後の転職活動の方向性を決めるために、薬剤師さんがお休みの日にお時間を頂き、福岡市にあるご自宅近くのカフェでお話をさせて頂きました。

初見からさわやかな印象を受け、会話の端々からは明るく、親近感を感じさせる薬剤師さんでした。同年代だったこともあり家庭など仕事以外のことにも話が広がって、気が付くと2時間も話し込んでいました。

面接後に話した内容をまとめて以下のような点を押さえて求人を探すことになりました。

・実家のある鹿児島県鹿児島市の調剤薬局

・通勤は自宅から車で20~30分程度

・在宅医療など福祉の分野へ積極的であること

・借り上げ社宅など住宅補助があること

この薬剤師さんは自分の将来をしっかりと見通していて、次のように私に話してくれました。

「将来的に調剤・監査といったルーチンワークは、機械の推進や制度改正によって薬剤師の仕事ではなくなると思います。薬剤師の専門性を発揮するのは、患者さんによって抱えている問題が異なる在宅など福祉の分野です」

こうした話を聞き、特に希望条件に追加や変更をする必要はないが、求人案件の質は非常に大事になると感じました。通常、求人リサーチ専門の部署に面談報告書を添えて依頼をします。ただ、今回は単なる調剤薬局ではなく、福祉を含めた多様な取り組みをしている薬局を紹介しなければいけません。

そのようなことを考えると、希望条件の細かなニュアンスや優先順位など、今回の薬剤師さんと直接会って話をした私にしかわからない部分があります。

今回は該当する薬局の数が少なく、より正確に薬剤師さんのことを伝えたうえで求人をもらう必要があると感じたので、私自身が鹿児島市の薬局へ直接電話をかけることにしました。一件一件丁寧にやり取りを行い、最終的に以下の2つの薬局から求人を頂くことができました。

①在宅医療に早い段階から取り組んでいた鹿児島県内の中規模薬局

②介護施設や保育園など薬局以外の事業にも積極的な小規模薬局

薬剤師さんに提案をすると、両方の薬局で面接を希望されたので面接日程の調整を行いました。最初は福岡から鹿児島まで移動を考慮して、薬剤師さんが休みの日に合わせて面接の調整をしようと思っていました。

しかし、実際に店舗が稼働しているところを見たいという薬剤師さんの希望が強かったため、薬剤師さんの平日半休に合わせて午後から見学をすることになりました。

面接当日は薬剤師さんの明るくフランクな人柄もあり、和やかな雰囲気で進んでいきました。会社の目指す方向や、実際の取り組みについて積極的に質問して、メモを取っているのが印象的でした。どちらの薬局からも、その場で「うちに入ってよ」と言って頂けたので、面接が終わった後に薬剤師さんの心境を尋ねてみました。

少し悩んでから口を開いて「①の薬局も非常に魅力的だったのですが、②の薬局は調剤事業以外の展開に加えて、従業員が働きやすいように保育園の完備などもされていたのが魅力的でした。子供も生まれてくることを考えると②の薬局のほうが良いかもしれませんね」と話してくれました。

奥様とも相談されるとのことで即答はされませんでしたが、②の薬局への入職が濃厚でした。一週間後に薬剤師さんから、「②の薬局に決めました」とご連絡を頂き、正式に入職が決まりました。

入職して3ヶ月が経過したころにお電話で近況を伺ってみると「面接のときにしっかりと話を聞くことができていたので違和感なく仕事に入ることができました。いい職場を紹介してくれてありがとうございました。子供も生まれて公私ともに順調です。育児が落ち着いたら妻の仕事探しも手伝って頂きたいと思っています」となんとも嬉しい言葉をかけて頂きました。

転職コーディネーターにとって知人を紹介してもらうというのはかなり嬉しいことです。「この人なら友人を任せても大丈夫」と信頼して頂けているという証拠だからです。それが身内の方ならなおさらです。まだ育児をされている最中ですが、ご連絡があったときは誠心誠意、対応をさせて頂きます。

さまざまな理由から勤め先の将来に不安を感じながら働いている薬剤師さんは多いと思います。しかし、医療従事者としての責任感から、退職にはすぐに踏み切ることができない方が多いように感じます。

そのような方も一度、ファーネットキャリアまでご相談ください。簡単なご希望をお伺いできれば、それに合致した求人情報を継続的にメールで送って、気になるものがあれば面接に動くといったフレキシブルな対応もさせて頂きます。

ファーネットキャリアが最高の転職を実現させます

薬剤師の方々が私たちのような転職エージェント(転職サイト)を利用することによって、「多くの求人から、、希望条件に合う職場を見つけることができる」「職場見学や社風の調査を含め、ミスマッチを事前に防止できる」などを行うことができます。これを自分一人で行うことはできないため、転職エージェントが代わりに行うことは大きな意味があります。

弊社ファーネットキャリアでは薬剤師専門の転職支援を行っていますが、このサービスによって良い職場で働ける薬剤師さんを増やすことが当社の指名です。既にある求人を提示するのではなく、必ず面談を行うことでヒアリングし、その内容を元にしてゼロから求人を作成するなどによって、当社ではミスマッチを極限まで減らすことに成功しています。

転職を行うとき、少しでも不安がある方は弊社ファーネットキャリアのサービスを活用ください。どの職場でダメだった場合であっても、ファーネットキャリアであれば必ず良い転職を実現させます。

aaa
fa2