9fcbf06e0e4c94ad9113b664bdad5029_s

地方を中心に薬剤師不足が続いているため、薬剤師の転職は他職種に比べて盛んにおこなわれています。それに伴い、中途入社の薬剤師が原因で職場環境が悪化してしまうというケースも非常に多いです。

弊社ファーネットキャリアは薬剤師専門の転職エージェント(転職サイト)なので、そのような悩みを抱える薬剤師さんから相談を頂くことがあります。以前に新潟県新潟市にお住まいの30代男性薬剤師さんから相談を頂いたことがあります。

中途入社してきた新しい上司が部下の意見を全く聞き入れず、何か提案してもすべて却下されてしまい仕事がやりにくくなったという内容でした。そこで、新しいステップとして、新潟市内の調剤薬局を紹介させて頂きました。

【治験企業に新卒入社】

この薬剤師さんは高校卒業とともに地元新潟県を離れて、東京の薬科大学へ進学されました。ご両親が薬剤師という環境で育ったため、幼いころから薬剤師になりたいという夢を抱いていらっしゃったと話してくださいました。

無事に大学卒業と同時に資格を取得され、「新薬の開発に携わり難病に苦しむ人の役に立ちたい」という気持ちから治験会社へ就職されました。

やりがいをもって仕事に臨まれていらっしゃったのですが、2年勤めたころに学生時代からお付き合いをしていた方と結婚されて、新潟県へ戻ることになったそうです。

【治験を諦めて病院へ転職】

新潟県に戻ってからも治験会社での勤務を希望していたそうなのですが、なかなか希望に合った求人を見つけることはできませんでした。ただ、働かないわけにはいかなかったため、新潟県新潟市にある療養型病院に就職することを選んだそうです。

未経験の分野ながら「困っている人の力になりたい」という気持ちは前職から変わらず持ち続けて勤務することができたと話してくださいました。

私も、この薬剤師さんの話を聞いていて、「治験も療養型病院も、同じ人(患者さん)と毎日顔を合わせる仕事だったので、未経験でも違和感なく仕事に馴染めて、やりがいも感じられていたのだろうと思いました。

しかし、療養型病院で勤務し始めてから3年が経とうとしていたころに、定年を迎える上司の代わりに、50代の男性薬剤師が中途採用で入社することが決まったそうです。

入社当初は特に何も感じることはなかったのですが、しばらくすると「業務の進め方が前の病院と違うため、自分が指示したとおりに修正してほしい」と言われたそうです。

慣れない方法に最初は戸惑ったそうなのですが、改善された部分があったことは事実だったので少しずつ慣れていったと話してくださいました。

しかし、新しい上司は「もっとこうした方がいいんじゃないか」という改善点を提案しても全く受け付けずに却下して、自分が慣れた方法で仕事進めることを最優先していました。かたくなに拒否されるので円滑にコミュニケーションを取ることが難しくなっていき、仕事がやりづらくなっていったそうです。

このまま決められた仕事をし続けるだけでは薬剤師としてだけでなく、人間としても成長が止まってしまうと思うようになりました。そんな状態で1年半勤めたのですが、状況が好転することはなかったため、転職を決意されて弊社ファーネットキャリアへ問い合わせを頂きました。

【転職活動開始】

ファーネットキャリアでは薬剤師さんと紹介先とのミスマッチを減らすために事前の面談をしています。薬剤師さんが休みの日に、新潟県新潟市の自宅近くのカフェで時間を頂いて1時間ほど話をさせて頂きました。伺った内容をまとめ、以下のような希望に沿って求人を探すことになりました。

・通勤は新潟市の自宅から公共交通機関で1時間圏内

・給与(年収550万円)は可能な限り現状維持

・療養型病院、もしくは在宅に力を入れている調剤薬局

職場環境の悪化による転職は、本人にとっては不本意なことが多いです。しかし、この薬剤師さんはそれを「新しい環境でチャレンジできる」と前向きに捉えていました。それを見て「この人ならどんな環境でもやっていけるだろう」と感じたのを覚えています。

すぐに求人案件のリサーチを開始して、複数の法人から求人を取り付けました。求人の内容を薬剤師さんに確認してもらうと、以下の2法人で面接を希望されました。

①150床ほどの療養型病院

②新潟県で店舗展開している中規模薬局

すぐに面接の日程を調整して、面接当日は私も薬剤師さんに同行させて頂きました。①の病院は現職と同規模で同じ療養型の病院だったので落ち着いた様子で面接・病棟見学に対応されていました。

病院の面接の後、その足で②の薬局へ向かい面接をする予定でした。しかし、薬局に到着すると丁度タイミング良く在宅に向かうところだったので、面接の前に在宅の現場を見学させてもらうことができました。初めて見る「薬剤師の在宅医療」に刺激を受けていらっしゃる様子で、その後の面接でも積極的に質問していらっしゃいました。

後日、①の病院からも②の薬局からも採用のお返事を頂けたので、薬剤師さんに連絡して現在の気持ちを伺いました。薬剤師さんはかなり悩んだことを打ち明けてくださり、その結果、現在は②の薬局で新しいスタートを切りたい気持ちでいると話してくださいました。

理由を伺うと、「在宅の現場を実際に見学させてもらったことが大きいです。これから高齢者が増えていくと考えると、薬剤師がもっと頑張らなければならないと強く感じました」とのことでした。

入職してから3ヶ月経ったころに電話で様子を伺うと、「患者さんによって必要としていることが違っていて難しいです。ただ、家の様子からその人の生活を想像して、何をすれば良いか考えて提案することは薬剤師としてだけでなく、人間としても成長に繋がる気がします」と在宅医療の可能性を感じていらっしゃる様子でした。

この薬剤師さんは新しい上司が転勤してきて、今までと全く違った方法で仕事することを強要されたことが原因で転職されました。特に問題なく勤務している薬剤師さんでも、ある日突然、職場環境が変わってしまうことがあります。もし、そのような悩みをお持ちの薬剤師さんがいらっしゃいましたらファーネットキャリアまで相談してみてください。

ファーネットキャリアが最高の転職を実現させます

薬剤師の方々が私たちのような転職エージェント(転職サイト)を利用することによって、「多くの求人から、、希望条件に合う職場を見つけることができる」「職場見学や社風の調査を含め、ミスマッチを事前に防止できる」などを行うことができます。これを自分一人で行うことはできないため、転職エージェントが代わりに行うことは大きな意味があります。

弊社ファーネットキャリアでは薬剤師専門の転職支援を行っていますが、このサービスによって良い職場で働ける薬剤師さんを増やすことが当社の指名です。既にある求人を提示するのではなく、必ず面談を行うことでヒアリングし、その内容を元にしてゼロから求人を作成するなどによって、当社ではミスマッチを極限まで減らすことに成功しています。

転職を行うとき、少しでも不安がある方は弊社ファーネットキャリアのサービスを活用ください。どの職場でダメだった場合であっても、ファーネットキャリアであれば必ず良い転職を実現させます。

aaa
fa2