N112_hooduewotukujyosei_TP_V

新卒で入社する企業を選ぶポイントの一つに会社規模を挙げる薬学生をよく見かけます。理由を伺うと充実した福利厚生・研修制度があることや、店舗数が多くさまざまな科目に触れることができるといった返事が返ってきます。

ただ、新卒採用を積極的に行っている大手薬局チェーンなどでは希望と異なる配属となることが頻繁に起こります。それが原因で仕事のモチベーションが上がらないといった悩みを抱えてしまう方が多いようです。弊社ファーネットキャリアは薬剤師専門の転職エージェントなので、このような悩みを持つ薬剤師さんからの相談を受けることがあります。

以前に、香川県高松市にお住まいの20代女性薬剤師さんから問い合わせを頂き、薬剤師としてスキルアップできる調剤薬局への転職をサポートさせてもらったことがありました。

【浪人時代に薬学部受験を決意】

この薬剤師さんは高校卒業後に2年間の浪人を経験していました。勉学に励む一方で自分の将来について考える時間が自然と増えていき、最終的に薬学部の受験を決めたそうです。

京都の薬科大学へと進学してからはスムーズに進級して、ストレートで国家試験に合格をされました。その後、薬剤師として広くスキルを磨きたいという思いがあり、店舗を含めた教育研修環境が整っていると感じた全国規模の薬局での新卒勤務をスタートされました。まず初めに東京の本社で新入社員の集合研修が行われ、終わりが近づくと配属希望を聞かれたそうです。

この薬剤師さんは就職活動中に地元香川県の中核病院の門前店舗を見学したとき、そこで働く薬剤師さんの話や、店舗の雰囲気に魅力を感じていました。それが入社を決める大きなきっかけでもあったので、地元香川県高松市の店舗への配属を希望されたそうです。

しかし、配属となったのは香川県高松市ではあるものの、眼科クリニックの門前店舗だったそうです。店舗配属になってからも定期的に全体研修などでフォローはあったものの、現場で学ぶことのできる処方が目薬に限られてしまい将来への不安を感じていました。

ただ、入社してすぐに転職を考えることには抵抗があったそうで、人事部へ異動願をだされたそうです。何度も人事部へ掛け合い、なんとか同じ高松市内にある総合病院の門前店舗への異動を勝ち取ったそうです。

【新薬が採用されない店舗】

新しく配属になった店舗は総合病院の門前店舗ではあったのですが、小規模な病院だったため1日40枚ほどしか処方せんが来なかったそうです。しかし、薬剤師の人数も少なかったので、すぐにいろいろな仕事を任せてもらえました。扱える科目も多く、仕事にやりがいを感じながら2年間勤めたそうです。

しかし勤続年数が長くなるにつれて、あることに気が付いたそうです。それは、「新薬の採用がほとんどなされない」ということでした。少し気になったので、薬局長に話をすると、薬局長から「門前の総合病院の先生が少し癖のある先生でね……、新薬の採用を極端に嫌がるんだよ」と言われたそうです。

その話を聞いて薬剤師さんは他の同期に比べてメーカーの勉強会が薬局でほとんど実施されていないことに気が付いたそうです。薬剤師として新しい知識を得にくい環境で働くということに違和感を覚えながらも、「自分が希望して異動した」という気持ちもあり、そのまま勤務を続けていました。

しかしそこに人事部から追い打ちをかけるように、以前の眼科門前の店舗へ戻ってほしいと打診があり転職を決意され、弊社ファーネットキャリアへ登録を頂いたそうです。

【転職活動スタート】

ファーネットキャリアではミスマッチを減らすため、求人案件を提案する前に家のお近くまで伺っての面談を必ず行います。今回、香川県高松市にあるご自宅近くのカフェで話をさせてもらい、以下のようなご希望を伺うことができました。

・香川県高松市のご実家から1時間以内で通えること

・診療科目が多く、勉強会が積極的に行われていること

・可能であれば、薬剤師同士で切磋琢磨できるよう薬局内に薬剤師が複数いること

まだ年齢が若く、仕事に対して意欲的な薬剤師さんだったので、多くの薬局から求人案件をもらえることが容易に想像できました。

ただ、この薬剤師さんは「薬剤師同士で意見交換をするとき、年齢が離れている薬剤師さんには遠慮してしまって自分の意見が言えないことが多い」とのことでした。

そこで、求人案件をリサーチするときに店舗の薬剤師さんの平均年齢を併せて確認して、薬剤師さんにお伝えをすることにしました。

20件以上の求人が見つかったので、1件1件を薬剤師さんに確認をしてもらい、最終的に以下の3つの薬局に面接に行くことになりました。

①全国規模の薬局、平均年齢は30代前半

②香川県に展開する小規模薬局、平均年齢は30代前半

③地元の大手薬局、平均年齢は20代後半

すぐにすべての薬局の面接を設定して、当日の面接には私も同行をさせて頂きました。面接の際に、どの薬局でも勉強会・研修の実施状況や参加率について詳しく説明をしてもらい、そのまま店舗見学もさせてもらいました。無事に面接を終えることができたので、そのまま近くのカフェで薬剤師さんに3つの薬局の印象を聞いてみました。

少し考え込んでいらっしゃいましたが、しばらくすると口を開き、「どの薬局もとても良かったのですが、希望すれば複数の店舗で掛け持ちができる③の薬局が一番魅力的に感じました」と話してくださいました。後日、各薬局からの雇用条件通知書(詳細な雇用条件を記載した書類)を薬剤師さんに確認してもらい、正式に③の薬局への入職が決まりました。

新しい職場での勤務が始まって1ヶ月が経った頃に、アフターフォローの連絡をすると、「掛け持ち勤務は初めてなので、出勤する店舗を間違えないようにシフト表ばっかり見てしまいます! でも、それぞれの薬局で違う分野の処方を学べていますし、勉強会も頻繁に開かれていてとても充実しています」と満足していらっしゃる様子でした。

新卒入社した会社では、配属先の希望が必ずしも叶うとは限りません。実際、希望と違う店舗へ配属されて仕事に対するモチベーションが下がっている薬剤師さんからの相談は非常に多いです。もし、そのような悩みをお持ちの薬剤師さんがいらっしゃいましたら、弊社ファーネットキャリアまで問い合わせください。

転職をする気がなくても、転職エージェントに登録をしておけば、「いつでも転職をできる」と心に余裕が生まれます。心に余裕があると、不満に感じていたことが気にならなくなりと良い方向へ進むことがあります。

ファーネットキャリアが最高の転職を実現させます

薬剤師の方々が私たちのような転職エージェント(転職サイト)を利用することによって、「多くの求人から、、希望条件に合う職場を見つけることができる」「職場見学や社風の調査を含め、ミスマッチを事前に防止できる」などを行うことができます。これを自分一人で行うことはできないため、転職エージェントが代わりに行うことは大きな意味があります。

弊社ファーネットキャリアでは薬剤師専門の転職支援を行っていますが、このサービスによって良い職場で働ける薬剤師さんを増やすことが当社の指名です。既にある求人を提示するのではなく、必ず面談を行うことでヒアリングし、その内容を元にしてゼロから求人を作成するなどによって、当社ではミスマッチを極限まで減らすことに成功しています。

転職を行うとき、少しでも不安がある方は弊社ファーネットキャリアのサービスを活用ください。どの職場でダメだった場合であっても、ファーネットキャリアであれば必ず良い転職を実現させます。

aaa
fa2